引越前後に行うこと

金融機関の引越し手続き

金融機関をはじめとするキャッシュカードは全国の至るところで使えるので、引越し手続きを行わなくても良いと感じている人も多いことでしょう。
ところが全国では使えない小さな地方銀行のカードなどをもっていても、引越しした場所によっては使い勝手が悪いこともあり得ます。
引越し場所の近くに支店がなく、使うごとにたくさんの手数料がかさんでしまう結果になります。

 

この他、銀行は同じであっても支店間の取引に手数料が発生するケースもあります。
引越しする先が決定したら、取引銀行に支店が設置されているか、手数料はどうなるのかを調べておきましょう。

 

その結果により、支店を変えたり契約を解消する手続きが要ることになります。
なお、クレジットカードの場合も住所変更の手続きがポイントになります。
引越しの手続きを消化しなくても、使用が不可能になったりはしません。
大切なことは、カードを利用した明細書が新しい住所に届くようにしておくことなのです。
利用明細書をちゃんと確認しないと、カードの不正使用を知ることができない可能性があります。

 

しかも、住所変更手続きをしていないとカードの紛失届けなどを出したいときに順調に処理を行うことができなかったりもします。
引越し後にトラブルにならないように、先手を打って手続きを行っておきましょう。
利用明細が入った封筒に変更届が付いてくる場合もありますし、インターネットでの登録にも対応しています。

 

金融機関の引越し手続きというのは、なぜか先送りになってしまうことがあります。
所持しているカードが多いと面倒かもしれませんが、漏れなく消化するようにしましょう。