引越前後に行うこと

引越手続きの開始

引越しが決定すると、引越しをする日まで非常にバタバタすることになります。
引越しは、次の住まいに生活道具の移動だけでなく、権利を動かすこともしなくてはいけません。

 

これに関して、済まさなくてはいけない手続きがあり、届け出が遅れると引越し先で大変な思いをしますので、失念しないようにしたいものです。
引越しをすることになったら、引越し日を特定しなければなりません。

 

これにより手続きを始めることが可能となるのです。
引越しの日程が決まらないと、手続きを開始したくても新住所への切り替えができないのです。
急な引越しは手続きが大変ですので、なるべくゆとりを持って引越しの日を決めてください。
賃貸であれば、まず最初に引越し作業を頼む業者と不動産業者に連絡を行います。

 

賃貸では家賃の精算が必要なので、スケジュールが決まった段階で連絡をします。
伝えた日によっては、精算金額も差が出てきますので、契約書をよく読んで決められた日までに手続きしてしまいましょう。
手続きは公的機関と民間機関にするものがあり、転出でも転入でも届けなければならないものと転入に際してのみ手続きが要るものがあります。

 

引越し手続きには電話をするだけでOKなものと、窓口で行うもの、引越し当日に誰かが立ち会いしなければならないものがあります。
郵便物の配達の取り扱いは、郵便局に引越しした旨を届けておけば引越し先に1年間転送してくれるサービスが受けられます。

 

郵便物については、相当な期間に渡り旧住所に配達されるため、移転手続きをしておくのは必須です。
1年だけでは足らず、昔の家に郵便物がくるときは、また1年間転送してくれるように申し出てください。