引越前後に行うこと

引越前後のパスポートの変更手続き

引越しを済ませるためには、様々な手続きが求められます。
光熱費関係・公共機関への届け出・各種契約の変更届・金融関係の変更・郵便の届け先の変更など、頭を悩ませてしまう人も珍しくありません。
しかし、身分証明書としても役立つパスポートに関しては、引越しに際しての手続きがいりません。

 

パスポートに記載されている住所というのは、紛失してもすぐに手元に帰ってくる割合を大きくすることだと認識されています。
身分証明書代わりになるパスポートは、悪事に利用されることも多いので多くの人が住所欄を空欄にしているのだそうです。

 

空白になっている状態でも、使用には問題がありませんし、罰を受けることはありません。
パスポートの記載内容に変更があり手続きを申請するケースは、異なる本籍地になったケースと、姓が変わるなどしたときに限ります。
引越しに伴い住所が変わった際には、自分で所持人記入欄を改めるのが普通です。
書き改めるときの細かい方法は設定されていないため、二重線を引いても修正ペンを使用しても良いのです。

 

以上でお分かりのように、パスポートの住所は本人が書き込む項目のため、本人の証明にはなっても住所証明としては役に立ちません。
引越しをしただけですと変更手続きはいりませんが、結婚を機に引越しをして姓が変化するということであれば、名字変更の手続きをしましょう。

 

また、引越し先を本籍地に変更する人も同時に手続きを済ませましょう。
パスポートの変更手続きは、引越し先の地域を担当する都道府県旅券課に行く必要があります。
本人のみならず、代理人に任せての手続きができるので、確実に行いましょう。