引越前後に行うこと

引越前後の役所への手続き

引越しするまでの期間中、役所などへの手続き処理が多く存在するので忙しなくなります。
役所で手続きができるのは、老人医療・乳幼児医療・住民登録・国民健康保険・国民年金などが当てはまります。
これらのことは、新たな住所で似たような制度を利用するために必要な手続きですので確実に終わらせましょう。

 

それらの制度を使う際に必要な健康保険証などの証書類を用意して、転出届を出すことにより転出証明書が発行される流れになります。
引越してきてから14日の間に転出証明書を持参し新住所を管轄する役所に行き、転入の手続きすませましょう。

 

児童手当に関する手続きも忘れずに済ませましょう。
児童手当受給事項消滅届けを提出するにあたっては、印鑑を持参して役所に足を運び手続きを済ませます。
この時点で所得証明書を受け取りますが、この所得証明書は転入先の役所で児童手当を申し込む手続きに必要なので大事にしましょう。
老齢福祉年金も児童手当と方法はほとんど変わりません。

 

印鑑登録は、転出届を出すと抹消されてしまうので、転出手続きは要らないのですが、転出証明書を必ず保管しておきましょう。
原動機付き自転車を運転している人であれば、引越し先で要ることになる廃車証明書を手にします。
子どもが通学しているケースでは、引越しをするのがはっきりしたら転校届けの提出を行います。

 

学校の方から転校確認書の発行を受けたら、役所に足を運んで転出学通知書を手にします。
その書類を通っている学校に出し、教科書受給証明書と在学証明書を与えてもらいます。
このような書類は転入する時に大切ですので、きちんと管理しておきましょう。
このように、転出・転入で同じ書類が必要になるので、引越しのときの騒動で紛失しないように注意してください。
車・自動二輪・運転免許証は転出手続きはいりません。