引越前後に行うこと

役所に出す引越手続き

引越しで必要となる手続きには引越し前にも後にもやらなければならないものと、引越し先で届けを行うのみで構わないものがあります。
運転免許証は、引越し前に手続きしなくてもOKです。
引越し先の管轄に該当する警察署か運転免許センターに足を運んで、住所変更の手続きをします。

 

その手続きには、運転免許証と転入先の住所が明記された公的書類と申請書を用意しなければなりません。
健康保険証や住民票が公的書類に当てはまりますが、新しい住所が表示されていないと証明書の意味をなしませんので、前もって手続きを終わらせておきましょう。
ちなみに、申請書は警察署と運転免許センターにおいてありますから、現地で記入を行います。
引越して違う都道府県に住むことになったら、申請用の写真を持って行きましょう。
自動車についても引越した時に登録の手続きを申し込まないとなりません。

 

自動車の登録変更の手続きを行う場合、引越しした日から数えて半月以内に済ませる必要があるので、よく覚えておきましょう。
自動車に関しても、引越しした先の住所の管轄である自動車検査登録事務所か陸運局において取り扱われています。
異なる管轄の土地に引越しをしたときには、同じ県内でも手続きが必要ですのできちんと把握しておきましょう。
この書類申請は、自動車のオーナーのほか委任状によって指名された代理人なら手続きができます。

 

車検証や車庫証明、自動車税申告書、自動車取得税申告書のほか印鑑と引越した先の住民票を用意しましょう。
ここでも、新住所の住民票が必須となります。
住民票は、引越しした後で住所を証明するものとして手続きの際によく用いられます。
引越しが終わったら、はじめにするのが転入手続きです。

世田谷区の不動産をお探しなら

世田谷区での賃貸マンション・不動産情報なら健ハウジング。下北沢の事務所を中心に毎日最新の不動産情報をご案内しています。マッチングサービスで希望物件情報をお知らせ・健ハウジング